【産業研】平成29年度第2回研究会「高齢者の移動手段をいかに確保するか−中山間地域で行われている新たな取り組み」を開催いたしました。

 沖縄国際大学産業総合研究所では、平成29年度第2回研究会を開催いたしました。

■テーマ: 「高齢者の移動手段をいかに確保するか−中山間地域で行われている新たな取り組み」
■講 師: 松田 善臣(島根県立大学総合政策学部准教授)
■日 時: 2018年3月22日(木)16時30分〜18時
■場 所: 沖縄国際大学13号館1階会議室

《研究会の様子》

講師:松田 善臣氏   




【お寄せいただいた感想】

○県外の成功例を立ち上げるまでの流れも含めて説明していただいたのが大変参考になりました。


○交通政策、地方の買い物弱者の深刻な状況を教えていただいて大変興味深かった。


○公共交通を福祉交通としてターゲットを絞って運行するということが印象に残った。だが、福祉交通だと市街地には合わないとのコトなので、とりあえず田舎で出来ると良いと思った。そして、沖縄でも浜田市桜ヶ丘団地の買い物タクシーの取り組みができると買い物弱者が減少するのではないかと思った。

○自動運転の活用や限界集落まるごと移住させるなど興味があったことも触れられていて、今後どうなるか気になります。なんとなく、こういう問題があるなー、こういう状態だろうなーと思っていたことを言語化資料として見せてもらいすっきりしました。


※多くの皆様にご参加いただきました。ありがとうございました。
 

サイト内検索

携帯へアクセス
[ 携帯版へアクセス ]

産業総合研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937

ページの先頭へ戻る