平成7年度の調査研究


(1)中国産業経済調査部会
   中国産業経済部会は中国(昆明・河口県)の産業・経済調査を実施した。
   調査の期間及び参加者はつぎの通り。
   期 間  平成7年9月9日(土)〜9月16日(水)
   参加者  団長:宮城 辰男(商経学部教授)
             嶺井  勇(商経学部教授)
             大城  保(短大部教授)
             福里 盛雄(法学部教授)
             新屋敷 文春(法学部教授)
             野崎 四郎(短大部教授)

 

(2)産業・経営研究部会
   産業・経営研究部会は、国内・外の産業・経営について個人で研究調査を行った。

  棚原健次(文学部教授)
   期 間:平成7年8月12日(土)〜8月24日(木)
   調査地:ブラジル
   テーマ:集団擬集性に関する研究−ブラジルの沖縄移民−
  比嘉 堅(商経学部教授)
   出張先:北海道
   テーマ:自動車産業組織と教育システム−自動車の構造と法規による教育・訓練システムを中心に−
  宮森正樹(短大部講師)
   期 間:平成7年12月15日(金)〜12月18日(月)
   調査地:グァム
   テーマ:グァム観光と沖縄観光のイメージギャップ
  喜久川宏(短大部教授)
   期 間:平成8年2月17日(土)〜2月20日(火)
   調査地:東京
   テーマ:復帰後沖縄の産業振興
  高垣行男(短大部講師)
   期 間:平成7年11月12日(日)〜11月19日(日)
       平成7年12月8日 (金)〜12月11日(月)
   調査地:東京
   テーマ:情報技術の革新と産業発展−事務用パソコンを例にして−
(3)島嶼研究部会
   嶼島研究部会はミクロネシア地域(パラオ)の経済社会調査を行った。
   参加者  比嘉輝幸(短大部教授)・徳永賢治(法学部教授)
         平成7年9月29日(金)〜10月4日(水)
         比嘉輝幸(短大部教授)・徳永賢治(法学部教授)
         平成8年3月8日 (金)〜3月15日(金)
         野原全勝(商経学部教授)・徳永賢治(法学部教授)
         平成8年3月18日(月)〜3月25日(月)

サイト内検索

携帯へアクセス
[ 携帯版へアクセス ]

産業総合研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937

ページの先頭へ戻る