産業研規則

 産業研規則(平成3年3月28日制定)

(趣旨)
第1条
この規則は、学則第5に基づき、商学部に付属する沖縄国際大学産業総合研究所(以下「研究 
所」という)の組織及び運営について、必要な事項を定める。


(目的)
第2条
研究所は、国際的、現代的及び総合的観点から、産業に関する理論的及び実証的研究を行い、 
学術の振興及び産業社会の発展に寄与することを目的とする。


(事業)
第3条
研究所は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
 (1)産業に関する研究・調査
 (2)前号に必要な図書及び資料・情報の収集・管理
 (3)研究・調査の成果及び資料の刊行
 (4)研究会及び講演会等の開催
  (5)研究・調査の受託
 (6)その他、研究所の目的達成上、必要と認められる事業


(組織)
第4条
研究所は、次の構成員をもって組織する。
  (1)所長
 (2)副所長
 (3)所員
 (4)専任所員
 (5)特別研究員
 (6)課長(平3.6.28本号改正)
 (7)庶務係


(所長・副所長)
第5条
所長は、研究所を代表し、業務を総括する。
副所長は、所長を補佐し、所長が事故あるときは、所長の任務を遂行する。


(所長・副所長の選任)
第6条
所長は、大学専任教授の中から、第12条に規定する所員会議において選出された者について、
学長が委嘱する。
副所長は、所長が、本学教授である所員の中から指名し、学長が委嘱する。
所長及び副所長の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。


(兼職の禁止)
第7条
所長及び副所長は、部館長の職務を兼ねることはできない。


(所員)
第8条
所員は、本学専任教員で、研究所の事業に参加を申し出た者について、当該教授及び大学協議 
会の職を経て、学長が委嘱する。
所員は、専任又は兼任とする。
兼任所員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。
所員の解嘱は、教授会及び所員会議の議を経て、学長が行う。

(専任所員)
第9条
研究所に、専任所員をおく。
2 専任所員は、教授、助教授、講師又は助手とする。
3 専任所員の選任は、次の手続きによる。
(1)専任所員の任用及び昇任は、本学の「教員の任用及び昇任に関する規定」による。
(2)専任所員は本学の専任教員又はその他の者の中から、所員総会が候補者を推薦し、教授会
及び大学協議会の議を経て、学長が任命する。
(3)前号の候補者については、研究所を附置する商経学部教授会が、審議決定する。但し、候補 
者が商経学部以外の教員の場合は、当該学部教授会が審議決定するものとする。
4 前項において、専任教員が専任所員となる場合は、期間を定めた出向とする。
5 専任所員の職務、その他必要な事項は別に定める。


(特別研究員)
第10条
研究所に、前条に定める所員の外に、特別研究員を置くことができる。
2 特別研究員は本学専任教員以外の者で、研究所の事業遂行上、必要と認められるものについ
て、所員総会において候補者を選定し、大学協議会の議を経て、学長が委嘱する。
3 特別研究員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。
4 特別研究員の解嘱は、所員会議の議を経て、学長が行う。
(課長及び庶務係)


第11条
研究所に、課長及び庶務係を置く。課長は、所長の監督のもとに、研究所の庶務を処理する。
(平3.6.28本項改正)
2 庶務係は課長を補佐する。
(平3.6.28本項改正)


(所員総会)
第12条
研究所に、所員総会を置く。
2 所員総会は、必要に応じて、所長が招集し、議長となる。
3 所員総会は、全所員をもって構成し、次の事項を審議決定する。
(1)事業計画に関する事項
(2)研究所の管理・運営に関する事項
(3)予算及び決算に関する事項
(4)研究所の人事に関する重要事項
(5)その他、研究所に関する重要事項


(運営委員会)
第13条
研究所の運営に関する事項を審議するため、運営委員会をおく。
2 運営委員会は、必要に応じて所長が招集し、議長となり、次の事項を審議する。
(1)管理運営の基本方針に関すること。
(2)事業計画に関すること。
(3)予算及び決算に関すること。
(4)規定の制定及び改廃に関すること。
(5)その他、研究所の管理運営に関すること。
3 専任所員は、運営委員会の幹事となり、議事録を保管する。
(平3.6.28本項改正)
(平3.6.28本項改正)


(運営委員)
第14条
1  運営委員会は、次の者をもって構成する。
(1)所長
(2)副所長
(3)専任所員
(4)所員の互選によるもの若干名
(5)課長
(平3.6.28本項改正)
2 運営委員会の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。


(その他の委員会)
第15条
業務の必要に応じて、運営委員会が選出した委員による委員会をおくことができる。

第16条
委員会の任務及び構成などに関する内規は、別にこれを定める。


(事業計画及び経過の報告)
第17条
所長は毎年度の終わりに、当該年度の事業経過及び次年度事業計画を学長及び大学協議会 
に、書面を持って報告するものとする。また事業計画を変更した場合も同様とする。


(運営経費)
第18条
研究所の経費は、沖縄国際大学産業総合研究所基金規定の定めるところにより、その果実及び
指定寄付金を以て充てる。
(平3.6.28本項改正)
2 研究所の運営経費は、当分の間、本学予算を以て充てることができる。
3 研究所の研究・調査に対する助成金・一般寄付金及び調査委託金等は、本学予算を通して受
け入れ、その特定された研究目的に従って研究所の経費に充当する。


(予算)
第19条
予算・決算については、本学経理規定の定めるところによる。


(改廃)
第20条
この規定の改廃は、所員総会の議を経て、大学協議会及び理事会の承認を得なければならな 
い。


附則
1 この規則は、平成3年4月1日から施行する。
2 改正、この規則は平成3年7月1日から施行する。



 沖縄国際大学産業総合研究所特別研究員に関する規則(平成3年7月17日制定)

第1条 産業総合研究所規則第10条に基づき、この細則を定める。

(資格)
第2条 特別研究員は、次の各号を充たす者の中から選定するものとする。
(1)国内及び国外の産業問題等に関する優れた学際的又は専門的研究者
(2)研究所の研究及び調査活動に協力する者

(活動)
第3条 特別研究員は、次の各号により研究所の活動に参加し、協力することができる。
(1)研究活動、調査活動及び資料収集への協力
(2)研究成果及び調査報告の研究所誌への掲載
(3)資料の閲覧、研究所への参加並びに研究所の利用

(費用)
第4条 特別研究員は無報酬とする。但し、研究所が特別研究員に研究及び調査などを委嘱する
時は、その遂行上必要と認むべき費用については、旅費規程を準備して支出する。
 

(改廃)
第5条 この細則の改廃は、所員総会の議を経て、大学協議会の承認を得、学長がこれを行う。

(付則)
この細則は、平成3年4月1日より施行する。

 

サイト内検索

携帯へアクセス
[ 携帯版へアクセス ]

産業総合研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937

ページの先頭へ戻る